ガッテン過去放送

ガッテンかわら版

管理人が見てちょびっと参考になったサイト

健康情報番組をまとめているサイト
何か参考になればと思い、貼り付けました。
健康備忘録

梅雨の時期の部屋干し臭の原因はモラクセラ菌だった!一発解消するには!?

 

2017年6月14日放送のガッテン、今回は
いやーな部屋干し臭を解消するという特集です
一体どのようにすればいいのか!?

 

スポンサーリンク

 

生乾きの臭いを発生させないコツがあるの?

嫌な生乾きの臭いを一切知らない所があります
その匂いを知らないのは、海外、特にヨーロッパの
人たちは生乾きの臭いを知りません。

 

そこでドイツの人に日本の生乾きの臭いを
嗅いでもらうとみなさん苦い顔をしていました
部屋干しはしないのでしょうか?

 

そこでドイツの方の家へ訪問することに
その女性はある方法でにおいをさせないという。

 

生乾きのタオルを洗ってもらう事に
使う洗濯機はドラム式のもの
普段通りに洗いタオルを部屋干しにします。

 

まつこと6時間半、臭いは・・・ないのです!
一体どうしてなのか?

 

そもそも部屋干し臭の正体は?

今から5年前に発表された論文
モラクセラ菌が原因だったというのです

 

モラクセラ菌は、人の肌にいる常在菌で
家の中など様々な場所にも存在しています
しかし、菌がいるけど臭わないという・・・・
一体どういう事?

 

臭い始める時はモラクセラ菌が増殖するとき
増殖するときに臭いを出すという事なのです。

 

モラクセラ菌が増殖して
においを出すのはいつなのでしょう?
ある家庭に協力してもらい、臭いの検査をしました
すると部屋干しから5時間後は問題なかったが
10時間後に臭いが強くなったのです。

 

モラクセラ菌は湿気が大好き
なので乾く時間が
長いほど増殖をし臭いを出すのです
バスタオルのような生地の厚いものはなかなか
乾かないですよね?
こういうものは臭いが出やすい。

 

またバスタオルを色々調べてみました
先程のご家庭で4年間愛用したバスタオルを使い
実験をすることに、洗う前は6600万個の
細菌がいました、天日干しをしたら5300個に減り
部屋干しは6980万個に増えました。

 

更に洗濯直後は4150万個でした、洗濯をした
直後でも細菌がどうしてこんなにも残るのか?

 

その理由は、長年タオルを使っていくと
モラクセラ菌がたくさん積み重なってバリアをまとい
中まで洗剤が届かない、線維と絡み合って
洗っても落ちない
、という事なのです。

 

おちる細菌もありますが、バリア状態の
細菌は残るという事です、そして増殖をしていく。

 

なので重要なのは、このバリアをまとった
モラクセラ菌を取り除くことですね
そこで先ほどのドイツの洗濯の仕方に
ヒントがあったのです。

 

生乾きの臭いを発生させない方法とは?

スタジオに洗濯機が登場、そこにヒントが・・・
それはお湯の温度を調整したのです
ドイツの人は普段お水の温度を60度で洗うとのこと

 

つまり60度で細菌がリセットされるという事
モラクセラ菌は何度で死滅するかの実験をすると
60度から死滅したのです=臭いが抑えられる。

 

なぜヨーロッパでは高温水での洗濯を?
中世ヨーロッパでは伝染病が蔓延したため
煮て洗う事が普通に行われていたのです
細菌や害虫を全滅させ衛生的だという。

 

日本の洗濯機でも
高温水で洗う事ができるのかというと
出来ないのです、50度以上のお湯を
使わないでくれ、と記されている。

 

お湯を使わず洗濯物を60度以上に加熱する方法とは?

それは乾燥をさせずにアイロンを使う
しかし使い方にはコツがある、脱水したままの
洗濯ものに直接アイロンをかける、温度は
中温か高温で使いましょう
これをほぼ乾いた状態になるまで続ければOKです

 

もう一つ、コインランドリーの乾燥機
温度が高いとのこと、80度から120度の
乾燥機が設置しているとのことです。

 

更に・・・・もう一つ細菌をやっつける方法がある
それは酸素系漂白剤、ポイントはお湯を使う事
お湯の温度は40度ほどで、洗濯物を15分から20分
漬けこんでから洗濯機で洗います

 

洗濯ものが多い場合は、直接洗濯機の中に
酸素系漂白剤を入れて
お湯はお風呂の熱いお湯を入れ
洗濯をすればいいとのこと、温度は40度ほど。

 

漂白剤には酸素系の他にも塩素系があります
塩素系漂白剤は、漂白力除菌力共に強いですが
白色や強い繊維にしか使えません、色のついた
ものに使用すると色落ちが起こります。

 

酸素系漂白剤は除菌効果が高いのは粉末タイプ
水に溶かしたときの化学反応で
除菌力がアップする、ただしウールやシルクには
使用が出来ません。

 

酸素系漂白剤は温度を高めてやると
除菌の効果が高まる、40度で15分間ですと
細菌がほとんど死滅するとのことです。

 

どちらの漂白剤にも
50度を超えるお湯は使用しない事
そしてこの2種類の漂白剤は絶対に
混ぜないようにしましょう。

 

1ヶ月に1回やれば問題がないとのこと
生乾きの臭いとおさらばです。

 

最後に注意してほしいポイントがあり
衣類の中には漂白剤やアイロン
乾燥機が使えない衣類がある
表記がある場合は要注意です
きちんと確認をしましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
.