ためしてガッテン

ガッテンかわら版

ガッテンと前番組のためしてガッテンの放送内容を記事にしています

管理人が見てちょびっと参考になったサイト

健康情報番組をまとめているサイト
何か参考になればと思い、貼り付けました。
健康備忘録

蚊に刺されない対策は、ハッカ油と足裏をアルコール除菌

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ガッテン 2016年8月31日放送の内容は
『人類最凶の敵!“蚊”撃退大作戦!』
ふわ~~~~~んって、夏場になると本当に
眠りを妨げる・・・うんざりだよね。
それだけじゃなく、人類を滅亡させる可能性も
あるといわれているのです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

もはや世界で一番命を奪っている生き物に指定されている

世界の危険生物ランキングというのがあり
ベスト3からの発表ですが
3位 ヘビ
2位 人
1位 蚊
 

 

蚊だけで100万人も命を落としているそうです、蚊は
様々な病気を運んで、それに感染し命を落としてしまうのです。

 

 

蚊と人間の歴史
第2次世界大戦も、蚊に悩まされていました
連合軍の6割がマラリアに感染していたのです
もちろん蚊が原因。

 

 

しかし今では蚊の撲滅研究をあのビルゲイツ財団が
行っております、今回は特別に取材ができることに

 

 

とても印象的だったのは、レーザーで蚊を殲滅していたり
ブラジルの研究機関でも、遺伝子組み換えのOX513Aという
蚊が生み出され、それが現存する蚊と交尾をすると
子孫が生み出されますが、これが成長せず死滅するというもの

 

 

蚊に刺される意外な理由

蚊は気温が25度から30度に活発に動くといわれている
ちょうど気温が下がり始めている今頃なんてピーク。

 

 

ごく普通のペットボトルが、蚊の一大撲滅作戦に使いました
場所はフィリピンですが、デング熱患者が激減した。
いったい何をしたんだ・・・・

 

 

そこで実験をすることに、ある公園に行き子供たちに
協力してもらいました。

 

 

まずペットボトルの上の部分を切り、2種類のある粉を入れ
その後よく混ぜる、これで完成です。
早速公園の茂みにペットボトルを置きました

 

 

中に入れた粉は、ドライイーストと砂糖だったんです
すると二酸化炭素が発生する、蚊は二酸化炭素が出る場所に
近寄ってくるんです。

 

 

しかしこれだけで蚊は血を吸うわけではない
それを発見したのは、16歳の少年!
虫博士と呼ばれている田上君が発見!

 

 

研究を始めたきっかけは、ある日の虫取りのこと
妹だけが蚊にさされまくったそう。
そこで、田上君は匂いに反応するのかと思い色々
試してみたら、あるものに寄ってきたのです。
そして交尾まで始めた!

 

 

どういうことなのか・・・
そこでガッテン番組スタッフが体を張った実験
緑の服を着た人、赤い服を着た人に分かれ
とにかく蚊に刺されまくりました。

 

 

そして刺された箇所にシールを貼りました
緑グループが5か所刺され、赤グループは20か所刺された。
なぜ4倍もの差がでたのか?
それは靴下だったんです!

 

 

靴下が蚊を寄せ付ける理由

緑チームは靴下を新品に履き替え、赤チームは靴下はそのまま
たったそれだけで・・・って感じだよね?

 

 

はいていた靴下を蚊のそばに置くとかが興奮し交尾が
始まりました、これから血を吸うぞという合図。
すごく臭いのかなって思ったら、それほどでも
なかったそうです、ますますわけがわからない・・・

 

 

実際靴下の臭いではなく、足の菌だった!
田上君は足の表面をこすって、菌を採取し培養
そしたらある常在菌が関係していた・・・

 

 

田上君兄弟の足の裏の菌を調べると、足の裏の常在菌の
種類が妹さんのほうが多い
ということだった!

 

 

原因がわかれば蚊に刺されないように対策!

妹さんは、足の裏をアルコール除菌してそれから
外へ出かけると、足を消毒したらたったの4か所しか
刺されていなかった!やる前は80か所くらい
刺されていたのに・・・

 

 

アルコールでふくと菌がいったんリセットされるとのこと
そしてガッテンはもう一つ対策を見つけました。

 

 

NHKの自然番組取材班は、このような対策をしていた
「ハッカ油」だったんです。
これは蚊が嫌いな匂いなんだって!
揮発性なのでこまめにハッカ油をかけるのがよいとのこと。

 

 

また虫除け剤の効果というのは短くて、20分もすれば
効果はほとんどなく、蚊に刺されてしまいました。
これは塗り忘れたところに、蚊が刺していたと。

 

 

なので虫よけ剤は入念に塗り付けたほうがよい
むらなく塗ると、数時間は効果が持続する

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー
.