ためしてガッテン

ガッテンかわら版

ガッテンと前番組のためしてガッテンの放送内容を記事にしています

管理人が見てちょびっと参考になったサイト

健康情報番組をまとめているサイト
何か参考になればと思い、貼り付けました。
健康備忘録

ダイエットしたら脂肪肝になる!?問題は体重の激しい増減だった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2016年10月12日のガッテン、テーマは
「ダイエットが引き起こす肝臓の悲劇」
どういうことかといいますとですね・・・

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

ダイエット=悪ではなく急激なダイエットが問題

1週間で5kgダウン、1ヶ月で10kgも落ちたよ!
こういう信じられないような減量って、あり得るのかも
しれませんが、実は身体にはとても大きな負担がかかっている。

 

 

そこで上記のような減量に成功された方たちが
どのようなダイエット法を試したのかというと
・ジョギングやウォーキング
・ダンス
・野菜を先に食べて食事量を調節

などなど、誰でも一度は経験していそうな方法で
減量に成功しているのです。

 

 

そこで肝臓の検査をしてみることにしたのです
そしたら肝臓がパンパンになっている人が多数見つかり
その中にはひどい状態の方もいた。

 

 

どうしてこういうことになってしまったのか?

それは急激な体重の増減があったため
ダイエットをした、うまくいき減量できたそして
多くの量を再び食べる
自分へのご褒美としてつい甘く、食事をはでに食べる
という方もいらっしゃるかと思います。

 

 

しかしそれをやってしまったことで、再び体重が増えて
またダイエットをする・・・
こうして体重の増減を繰り返すのがとても危険。

 

 

肝臓の機能というのはそれはそれは素晴らしくて
500の機能を備えているというのです。

 

 

その一つに脂肪を出し入れする機能があり
血液中に適度な脂肪があるかどうかを監視している
血液に脂肪が多い場合は、肝臓で一旦預かり
少なくなったら再び血液に脂肪を出してあげる
適正な血液中の脂肪を保っている。

 

 

しかし上記のような体重の増減が激しいダイエットを
行うと、血液内の脂肪が減る
そしたらまずは皮下脂肪から脂肪を抜き取り血液中に
補充をする、すると脂肪分は減っていく。

 

 

普通なら血液中に一定の脂肪があるため
肝臓にも脂肪が預けられ、必要あれば出すという事を
肝臓はするのですが、急激なダイエットをしたおかげで
血液中に脂肪がないから出してしまい、そして
余って戻ってくるのかと思ったら、血液中の脂肪が
不足しているため肝臓に戻ってくることなく飢餓状態となる

 

 

そしたら肝臓は血液中から脂肪を預けてくれと
取り出してしまうため、脂肪肝となってしまう。

 

 

急激なダイエットをするとこのようなことが
起こってしまう、なので体重というのは徐々に
落としていくのが理想で、1ヶ月に1kg~2kgダウンが理想

 

 

太っている人の話だろ?って思っているそこのアナタ
実は非肥満の方の脂肪肝というのも増加傾向にあり
肝臓疾患の25%の方が痩せ型の脂肪肝の患者がいるという
報告もあるくらいなので気をつけてくださいね。

 

 

因みにこの脂肪肝をほうっておくと
糖尿病や血糖値の上昇のリスクが高くなってしまいます。

 

 

ではどうやって脂肪肝を解消すればいいのか?

まずは何と言っても運動と食事の見直しです
その他にも睡眠が重要。

 

 

睡眠時間を長くすることによって、寝ている時に
脂肪が使われているためです。

 

 

ガッテン流の脂肪肝撃退対策は
・1ヶ月の減量は1kg~2kgまで
・睡眠時間は1日6時間以上
・ウォーキングを1日30分
・特定の食べ物に偏らないこと
・食事の量を少しずつ減らしていく
・寝る前にはたべない

ということでした。

 

 

健康な体は宝です、加齢していっても動ける身体は
とても魅力的なものだと私は思います。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー
.