ためしてガッテン

ガッテンかわら版

ガッテンと前番組のためしてガッテンの放送内容を記事にしています

管理人が見てちょびっと参考になったサイト

健康情報番組をまとめているサイト
何か参考になればと思い、貼り付けました。
健康備忘録

高血圧撃退には1週間の減塩料理、ゼロ塩料理も紹介してます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2015年7月29日放送のためしてガッテン、今回は高血圧の特集。
高血圧の天敵でもある塩を減らさなくても、血圧の
コントロールができるというテーマですが・・・どういう事なんでしょうね。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

高血圧撃退の極意って?

長野県小海町の野澤菜の漬物工場へ。
漬物といえば塩分が気になりますよね、だけど企業も
減塩を心がけているようです。
現在漬物に使われている塩分は、昔の3分の1以下だそうです。

 

 

 

ですがこの漬物会社の社長さんは、味もみないで醤油を
ドバドバかけていました、自分が食べる時は違うんですね(笑)

 

 

 

現在の日本人の平均塩分摂取量は、男性が11.1g 女性は9.4g
それを厚生労働省は男性は8g、女性は7gに減らしなさいといいます。
更に高血圧学会では6gに減らしなさいと、因みに6gは小さじ1杯分。
また更にWHOでは5gに減らしなさい、という指令が
出ているようですが、これは難しいですよね・・・

 

 

 

言うのは簡単ですよね、だけどどうやって減塩をすればいいのか・・・
その方法、みていくとかなり画期的なものでした。

 

 

 

塩を減らさない減塩法とは?

八田先生の病院、近江八幡市立総合医療センターでは
既にこの方法をやっているようです。
現在までに600人の方が減塩法に成功したそうです。

 

 

 

このプログラムの一番のポイントは食事、だけど塩の量を
減らしていないんですよね?これで本当に大丈夫なのか・・・

 

 

 

この減塩プログラムを始めた方は、本当にこれで
いいのかと心配になる位、食事に塩がきいていたそうです。
これでは減塩になっていないですよね・・・
減塩のために入院しているのに。

 

 

 

だけどこの食事を1週間続けると減塩食になっていくんです。
この食事に一体どういう秘密があるんでしょうか・・・・

 

 

 

過去に放送されたガッテン流減塩テクニック

その1 お酢
野菜スープやポテトサラダにお酢を加えたものと加えてないものを
用意します、これを味覚のプロに食べ比べてもらったところ
お酢を加えた方が塩の味がより強く感じたそうです。

 

 

 

どうしてそうなったのかというと、お酢と塩の味を感じる仕組みが
とても似ているから
、という事は塩の量を減らしてお酢を強くしても
良いってことですね。

2 さんしょう
食事前に山椒の実を食べると、お豆腐の味を強く感じるそうです。
何もつけなくても食べれるそうですよ、他にもお刺身でも同じ効果が。
どうしてでしょうか?
さんしょうを食べた20分後の脳波を調べてみると、脳の活動が
29%もアップしていたんです。

 

 

 

これはさんしょうが脳の味を司る味覚野という部分を活性化させるためだそうです。
塩を減らしてもおいしさを強く感じる事が出来るんですって。

3 泡しょうゆ
醤油に水を加え、ゼラチンもいれて泡立てる、
生しょうゆの場合は、氷水の上でやる事、そして
料理に付けて食べる、舌の上に長くとどまるので少量でも満足。
塩味が薄く感じないようです。

 

 

 

今回紹介するのは上記3つとは全然違うそうです。
一体どういう方法なのでしょう・・・ヒントは味覚野だそうです。

 

 

 

お待たせしました!減塩の極意です!

病院の調理場へ行くと、魚に塩を振っていました。
だけど副菜などは徹底的に減塩していました。

料理の塩分量にメリハリを付けているという事なんですね。

 

 

 

メリハリをつけることによって、たとえ主菜の塩分が強くても
他の副菜の塩分を落とすことで、脳の味覚野が満足するという事。

 

 

 

この減塩プログラムを1週間続けると、減塩のメニューに
慣れてしまうという事なんです。
それ以降に、スーパーや弁当屋さんで売っているものを食べると
しょっぱいな~と感じてしまうんだとか。

 

 

 

改めて八田告先生の登場です。
八田先生の病院で入院してもらっていた人たちは、腎臓病の人たちで
がっかりするような減塩食はやっていてつらいし減塩が続かないと。
なので味のついたものも残して、減塩もやっていくと。

 

 

 

メリハリのポイントとして
好きなものには塩分を減らさない、そのかわり
他を減らして、トータル塩分量を抑えると。

 

 

 

また、味覚野というのは舌だけに繋がっているわけではなくて、他にも
色んな脳の部分、嗅覚や聴覚視覚、触覚に言語情動、記憶に味と。
これだけの脳の部分に繋がっているんです。
これだけの様々な情報と交信することで感じる味が左右されるとのこと。

 

 

 

先ほど出た度の料理も減塩だとうまくいかない理由というのは、ここが
密接に関わっているから、減塩の記憶というのを覚えているから
味覚野は美味しくないと、判断してしまうわけで食べる気にならないと。

 

 

 

だけど、塩味をきかせた料理を1品入れる事で、記憶のという部分で
味覚野は美味しいと判断します、ご馳走なわけですからね、自分が食べなれた味だし。

 

 

 

その結果、満足してこれなら続けられる!という事になるようです。
だけどこの病院で1週間やっていただいた人たちの中にも、1品だけ塩分をきかせて
他のおかずは徹底的に減塩、という方法がダメだという方もいたそうですが
段々と慣れてきたようで、そしたら味に対して非常に敏感になったようです。
塩分の感度は入院前と後ではこれだけ違います。
DSC_0233

 

 

 

また、塩味に注意を向けることによって味の感度は変わり
微細な食味に関しても、脳に強い反応が出るという
事が見られたそうです、つまりしょっぱい味に敏感になった
という事ですね。
高血圧の対策として、家庭でもメリハリを付けた減塩食事法はお勧めです

 

 

 

減塩生活をする上でもう一つすすめているのが、減塩モニター。
夜間の尿から1日の塩分摂取量を測ることが出来ると。
これをきちっとやれば塩分量がわかりますね。
値段は3万円くらいするそうです。

 

 

 

味覚野を喜ばせる、意外な減塩テクニック

先ほどの野沢菜の漬物を作る工場の方に協力してもらい実験。
2つのお吸い物を飲んでもらいます、片方は塩分0.5gで
もう片方は、実は全く同じものを飲んでもらいました。
だけどある仕掛けをしました、それはラベリング効果というもの。

 

 

 

そしたら、後で飲んでもらった方が味が濃く感じたと。
お椀には最初に飲んでもらった方が青いテープを付け
後に飲んでもらった方が赤いテープを付けていました。
どうして味に違いがでたんでしょうか?

 

 

 

実は、言葉なんです、赤いテープのお吸い物には
いい出汁をきかせました、という言葉を飲む前に添えたそうです。
たったそれだけで・・・・変わるんです。

 

 

 

だけど言ってはいけない言葉もあります、それは
減塩しているよ、という言葉。
それだけで脳にある味覚野はがっかりしていしまいますので。

 

 

 

塩の味はするが、塩を一切使わない!?ゼロ塩レシピの紹介!

減塩に向いているもの、むいていないものがあります
DSC_0236
他にも減塩に対して、うまみをきかせるか、刺激をきかせるか
というやり方もあるようです。

 

 

 

うまみをきかせるには、鰹節やごま、みりんなどを使用し
刺激をきかせるには、マスタード、さんしょう、レモン、お酢を使用。

 

 

 

さんしょう油を作ります

材料は
・サラダ油 2分の1カップ
・さんしょうの実 10g

 

 

 

作り方
フライパンに油を入れ、さんしょうを入れます。
そしてさんしょうの実が茶色くなってきたらすくい取る。
これでまずさんしょう油の完成です。

 

 

 

青菜とおかかのさんしょう油炒め

材料です。
DSC_0242
作り方
1 先ほどのさんしょう油で小松菜を炒め、酒を入れる
2 小松菜がしんなりしたら、鰹節を混ぜさっと炒める
3 火を止めて完成です

DSC_0238

 

 

 

キャベツとみつばの粒マスタードあえ

材料です。
DSC_0239
作り方
1 フライパンに油をひかず水を入れキャベツを蒸します、強火で2分
  蒸して野菜のうま味を凝縮するため
2 みつばを入れ30秒加熱
3 30秒たったら水気をしっかりきりあら熱を取る
4 ボールに、粒マスタードとレモン汁・砂糖を混ぜる
5 ボールの中に野菜を入れあえる、これで完成です

DSC_0240

 

 

 

鶏肉のごま焼き

材料です。
DSC_0244
作り方
1 ボールに鶏肉、みりん・しょうが・お酢を入れてもみ混ぜ30分から1時間漬ける
2 鶏肉の汁気を切りごまをまぶす
  ごまのコク・うま味・食感をいかすそうです
3 フライパンにごま油を入れ、鶏肉を両面蒸し焼きにします、弱火で
4 盛り付けはレモンを添える、これで出来上がり

DSC_0245
以上となります、読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー
.