ためしてガッテン

ガッテンかわら版

ガッテンと前番組のためしてガッテンの放送内容を記事にしています

管理人が見てちょびっと参考になったサイト

健康情報番組をまとめているサイト
何か参考になればと思い、貼り付けました。
健康備忘録

立ちくらみのメカニズムって?危険な病も隠れている場合が・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2015年度放送のためしてガッテンの
立ちくらみの特集をまとめました


 

スポンサードリンク

 

 

 

 

立ちくらみのメカニズム

起き上がったり立ち上がったりすると、血液が
下に向かって流れる。

 

 

 

脳の血液が十分に行かずに酸素不足になる。
これが立ちくらみのメカニズムなんです。

 

 

 

だけど、この起き上がったり立ち上がったりの動作なんて
一日に何十回とやっていますけど、毎度毎度
立ちくらみをするわけじゃありませんよね?

 

 

 

そうならないようにしてくれているのが交感神経なんです。
どういう役割になっているのかというと
血管の周りに交感神経は巻き付いているので、これが
血管をポンプのように圧をかけたり、かけなかったりして
血液を上げる役割を果たしています。

 

 

 

だけど立ちくらみにも、がんのサインや突然死につながったり
する、そして失神性立ちくらみになることも!

 

 

 

ただの立ちくらみ、調べるとガンだった!?

80代の女性なんですけど、立ちくらみが起こったのは3年前。
右肩の手術をしてからのようです。

 

 

 

この女性は、右肩の手術をして血が出過ぎたから
貧血になっているのか・・・って思っていました。
ですが、それからは頻繁に立ちくらみが起こるようになり
対策としてまず食事から改善。

 

 

 

ですが、それでも立ちくらみは治りませんでした。
そしてお医者さんへ行き、血液検査をしてみたら
ヘモグロビンの数値は下がっていて、医師からは
精密な検査を勧められ、その結果はがんが見つかりました。

 

 

 

どうして立ちくらみからがんがわかったのか?

その前に貧血について簡単に。
貧血というのは立ちくらみとは違い、血液中の成分
(酸素を運ぶヘモグロビンなど)が減る。
これが貧血なんですね、酸素不足という事。

 

 

 

ではこの女性の体はどうなっていたのかというと
ある部位から出血していたんですね、そのせいで貧血になり
相当の酸素不足を招いていたんですね。

 

 

 

そしてヘモグロビンの量が、7月に12gを超えていたんですが
8月には9gに急激に減っていました。

 

 

 

たった1か月でこんなにもです、そしてそれを4か月間ずっと
お医者さんに行くまで続いていました。
その量は全身の血液の10%を4か月間で失っていたんです。

 

 

 

話は戻り、ある部位からの出血、それはどこかというと・・・大腸。
この女性は大腸がんになっていたんですね。

 

 

 

がんの表面は、薄い組織で形成されているので出血しやすいんだとか。
それが慢性的に続くと、貧血につながると。
便が通ると、すぐ大腸に傷がつく状態だという話です。

 

 

 

この女性、実は気づいていたんです。
ペーパーに血がついていると、だけどそれはだと
勘違いしていたんですね。
だから、痔の薬で治ると思いお薬も買ってきていたんです。
確かに分らないですよね。

 

 

 

そして厄介なことに、大腸の内側には痛みを感じる
神経がないんです、なので大腸の中で出血をしていても
痛みなんかは全く感じないわけです。

 

 

 

大腸がんの症状として、他にも

・疲れやすい
・息切れ

なんていう症状もあります。

 

 

 

自分で便をチェックすることも大切、大腸がんになっていると
便の色が、黒もしくは赤になっています。
それは血液が便に染みて、こういう色になるからです。
赤の場合は、便全体が赤い場合です。
痔などの場合だと、便のどこかの部分についている感じ。

 

 

 

「くらっとしたら便を見ろ!」確認することは大切ですね。

 

 

 

立ちくらみから突然死!?

次の方も80代女性、この方は5年ほど前から立ちくらみに
なりましたが、本人はひどい病ではないと思っていたんですが
しばらくすると、テーブルで薬を分けていたら
いきなり倒れていたんです、本人は気づいてません
倒れていて初めて気が付いたんです。

 

 

 

もっと不可解なことが起こりベッド寝ていたんですが
目が覚めるとベッドの下で寝ていたなど。

 

 

 

女性は脳の専門の病院へ行きまして、検査をしましたが
異常は見つかりませんでした。

 

 

 

症状が起きる感覚ですが、これは2か月に1度程度のようで
気にはなるけど、そのままにしてました。

 

 

 

ですが定期的に通っていた病院で転機が・・・
たままた急に倒れる話をしたら、先生が驚いて精密検査を
勧めたら、すぐに手術をすることに!

 

 

 

この女性の立ちくらみの原因は?

「くらっときたら、脈をみろ!」

 

 

 

どういうことなんでしょうかね、原因は心臓です。
心臓の動きを見ると、はじめは正常に動いてました、しかしちょっとすると
上の心房の方は動いてたんですが、下の心室は動かなくなったんです。
しばらくすると元の正常な心臓の動きに戻ります。
これを心原性失神というようです。

 

 

 

心原性失神を見分けるポイントは?

ポイントは3つです。

・横になっていても起きる
・動悸
・脈拍に3秒以上の空白

という症状が確認されています。
立ちくらみをしたときは、チェックするといいですね。

 

 

 

この女性はどういう手術をしたのかというと、心臓に
ペースメーカーを入れる手術をして、治ったようです。

 

 

 

失神性立ちくらみ

40代50代に多いと言われています、若い時
20代にも多いんです。

・貧血のわけでもない
・心臓が悪いわけでもない
・脳に異常があるわけでもない

それなのに失神してしまう、どういう事なんでしょう。
これは社会問題にもなっているようです。

 

 

 

その症状になっている方に電話で話を聞くと
「顔の向きを変えようとして、動かした瞬間にバタンと倒れた」
という話、その後脳梗塞だと疑い検査に行くも、異常なし。

 

 

 

その方は職場で同じような症状を繰り返してしまい
仕事を続けることが困難に。
疲れているから、飲み過ぎだから、睡眠不足だから
と、あらぬ噂を立てられてしまったそうです。
症状が症状だけに、残念ながらそう思われてしまうんでしょうね。

 

 

 

この症状になった方々の仕事についてのデータをみましたら
約20%は休職や退職、転職をした方が約30%に!

 

 

 

このたちくらみを治す画期的な治療法とは!?

失神性立ちくらみで悩んでいる女性が
北九州市にある産業医科大学へ行き、安部治彦教授が診察。

 

 

 

家事をしているときに失神性立ちくらみに悩む女性
話を聞いた後、安部先生は壁に立ってくれと言いました。

 

 

 

しばらく見ていたその時間は5分、それで終わりました。
なんと、これが治療法なんです!

 

 

 

実際にこれで治った男性の話を聞きましたが
この男性も失神性立ちくらみで悩んでいて、職場で倒れた後
1か月で4回も失神で倒れたんですね。

 

 

 

そして安部先生に見てもらい、先ほどの治療法をやってからは
倒れることがなくなったようです。
柱にもたれるように、まっすぐ立っているだけで。

 

 

 

失神性立ちくらみの原因は?

原因はストレスとされてます、一番最初の血液を上へ
送るために必要な交感神経、ストレスが溜まった状態だと
そこに迷走神経というのが加わります。

 

 

 

この迷走神経というのは

・交感神経 血管を収縮させる
・迷走神経 血管を拡張させる

要は血管を広げるという事ですね、その広がった血管に
血がめぐっていくわけです。
そして脳の血液が不足していくというわけです。

 

 

 

健康な方と失神性立ちくらみの方が、同時に立って
壁にまっすぐ立つという実験をしましたら
健康な方は、血液を上にあげていくんですけど
失神性立ちくらみの方は、血液がふくらはぎで停滞し
上にあがっていかない、血管が拡張しているからですね。

 

 

 

「くらっときたら、壁を見ろ」です。

 

 

 

血管迷走神経性失神が正式名称

立ち続けたり座り続けたり、動いてない時に起きやすい。

 

 

 

安部先生がスタジオに登場しましたが、この病に
先ほどの治療法をやると、ほとんどが治ったと言ってます。

 

 

 

治療法の図がこれ。
DSC_0013
実はこの体制、失神を起こしやすくする体制なんです!
ただこれを体に慣れさせてるだけなんです、凄いですね人体の適応能力。

 

 

 

やるにあたって気を付けたいポイントが

・最初は数分しか立てなくてもOK
・気分が悪くなったらすぐにやめる

多くの人は最大3週間で30分立てるようになり治る。

・立っている間はテレビや本を見てもOK
・足だけは動かさないように!

理由は足の筋肉が使われると血管が収縮
それで交感神経を正常に戻す治療につながらないため。

 

 

 

一番大事なことは、ストレスをうまく発散することと
おっしゃっていました、実はこれが一番難しかったりする・・・

 

 

 

血管迷走神経性失神の前兆

前兆はこれ

・頭が重い
・吐き気
・頭痛 など

後はこの画像のようにすることで予防にもなります。
DSC_0014-1
指を画像のように組むという事ですね。

 

 

 

立っているときにこういう症状になった場合は
足を×の字にクロスさせて、足に力を入れる。
力を入れ圧をかけるから血が上にあがるという事ですね!

 

 

 

気を付けたいですね、以上となります!
読んでいただきありがとうございました!

 

スポンサードリンク

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー
.