ためしてガッテン

ガッテンかわら版

ガッテンと前番組のためしてガッテンの放送内容を記事にしています

管理人が見てちょびっと参考になったサイト

健康情報番組をまとめているサイト
何か参考になればと思い、貼り付けました。
健康備忘録

白内障予防には3種の神器があります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2015年8月5日放送のためしてガッテン、今回は白内障の特集。
50代の3割から4割の方が発症すると言われている白内障。
現在はどのような治療法を行っているのでしょうか。


 

スポンサードリンク

 

 

 

 

白内障というのは、瞳が白く濁るという病。
最悪の場合は手術をしないといけません、そうしなければ
失明の危険性があります。

 

 

 

白内障手術の現場

6月下旬に手術を受けた77歳男性、左目の白内障です。
視力はほとんどない状態、本を読むときは右目に
虫めがねを当てながら読んでいるんだとか。
当然文字も虫眼鏡を使いながら書いています。

 

 

 

視力が急に落ちたのはここ半年くらいだったようです。
77歳男性は、手術後にやりたいことがあります。
それは将棋だそうです、好きなんですね。

 

 

 

そして手術をします、点眼麻酔という事をしてから
手術を行います、水晶体を人口レンズに入れ替える手術です。
何事もなく手術は終了しました。

 

 

 

翌日眼帯を外すと、しっかりと見えるようになりました。
10日後に自宅へ訪れた際には、新聞もしっかりと
読めるようになり、将棋も楽しんでいました。

 

 

 

50代から白内障は止められるのか?白内障の実態

目の手術って滅茶苦茶怖いですよね、手術をする前に
白内障を見つける事が出来ればいいのですが・・・

 

 

 

江戸川区の卓球ジムへ、目の不自由はあるのか聞いてみると
不自由は感じたことはないようです。
そこで検査をすることに。

 

 

 

水晶体の状態を確認する検査をしました、そこで検査を受けた方が
軽度の白内障や初期の白内障だと言われる方々が多かったです。
20人中13人が初期や軽度の白内障になっているとのことでした。

 

 

 

見つかった白内障は水晶体の中のタンパク質が白く変性し
外側から徐々に濁った状態、これが先ほどの検査で見つかった
初期や軽度の白内障だというんです。

 

 

 

いまいちわかりにくいかと思いますので、目の画像ですが
これを見るとわかりやすいかと思います。
DSC_0292
黒眼の部分が白く筋が入ったり、濁ったりしていますよね。
この状態で見つけられると手術は回避できるという事なんです。
それが段々と白い部分が多くなってしまうと手術をしないといけない。

 

 

 

先ほどの画像は、初期の白内障の段階で
この状態では視力の影響は出ないからきづかないのです。

だけどこの初期の段階って、自分では確認することができないんです。

 

 

 

見え方も変化するようで、ある条件の時は視力が
ブレブレの状態になります、どういう条件でしょうか。

 

 

 

初期と軽度の白内障のブレブレの視界になるきっかけとなるある条件とは?

診察を受けた女性に協力をしてもらう事に、この方は初期の白内障。
1日の生活を見せていただくことに、そこには視能訓練士の方も付き添う事に。
現在は独立のため勉強中。
パソコンを使っているので、目が疲れています。

 

 

 

まずその状態で視力検査、右が1.2、左が1.0でした。
全く問題なしですね、続いて仕事仲間と打ち合わせ。
しばらくすると再び視力検査、左右ともに視力は変わりませんでした。

 

 

 

仕事の後は気分転換にゴルフをしました、その後も視力検査をして
左右ともまた変わりませんでした、その後はお酒を飲みに行きました。
そして本日最後の視力検査です、右が0.8 左も0.8になっていました。
暗さの関係で視力は変わることがあるようです。

 

 

 

その後メニューを見ると、なんと見えないようです。
メガネをかけても見えずらいんだとか、ダブって見えていたそうです。
一体どういう変化があったんでしょうか?

 

 

 

その原因は暗さなんです、ただの暗さだけで
2重に見えてしまうのはどうして?

 

 

 

薄暗い時に2重に見えるわけとは?

先ほどの初期の白内障の女性の目というのはどういう風に見えていたのか?
通常の明るい所での見え方はこのように見えます。
DSC_0293
そのままそこにある視力のマークを網膜に映している。

 

 

 

だけど薄暗くなると瞳孔が開きます、そしたら目の淵に隠れていた白い筋が
見えてしまいます、瞳孔が開いた分、濁りをとおる光が増える
濁りを通過した光がずれて、2重に見えてしまうんです。

DSC_0294
水晶体の所に白いカーブした線のようなのが上下にありますね?
あれが初期の白内障の白い筋、これが網膜に向かって見たものをあらぬ方向に
屈折させ、右下のCのようにみえるという事です。

 

 

 

月を見るのも、初期の白内障を確認する方法。
視力を矯正した状態で片目ずつ月を眺め、2重3重に
月が見えてしまったら、初期の白内障の疑いがあるようです。

 

 

 

酷くなっていくと、昼間でも物が2重3重に見えてしまいます。
先ほどの白い筋が入る、この初期の白内障を
トゲトゲ型(ガッテンの良い方)とすることに。

 

 

 

重症化しやすい白内障の初期症状とは?

トゲトゲ型の他にもう一つ型があるのです、画像を見るとまあきれいな黒眼ですよね。
DSC_0295
だけどこの型の方が、トゲトゲ型よりも進行が早く重症化しやすいんです。
これだけキレイな黒眼なのに・・・・どういうことでしょうか。

 

 

 

70代男性、写真を撮るのが趣味です。
白内障と診断されたのは2年前、悪化していたので手術を受け
人口レンズを入れています。
検査を受けたらすぐ白内障だとわかったそうです。

 

 

 

見えづらさは、3年前からあったそうです。
だけど前兆はあったんです、50代の時から。
どういう体験をしたんでしょうか?
かなり不思議な体験をしたそうです。

 

 

 

メガネをかけないで新聞が読めたり本が読めたりすることはラッキーだった。
という事は急に目がよくなったんです。
老眼鏡をかけていたんですが、いらなくなったようです。

 

 

 

どうして老眼が治ったのでしょうか?
水晶体の核が硬くなって、水晶体の中にもう一つレンズができたので
よりピントが近くに合いやすくなった、という状態だったとのこと。

 

 

 

どういう事かというと、我々は年を重ねると水晶体の厚みを
変えるという事が出来なくなってしまいます。
そうなることで、ピントの調節がしづらくなる状態になります、これが老眼です。

 

 

 

だけど先ほどの70代男性は、水晶体がこのようになったんです。
DSC_0296
水晶体の中心からタンパク質が変性しレンズのようなものが。
これがうまいこと光の屈折を調節しピントが合うようになったんです。

だけど!これは白内障なので
段々とタンパク質の変性も進みます、そうなると見えなくなります。
色眼鏡型の白内障という名をガッテンではつけていました。

 

 

 

これで白内障は予防できる!?

金沢医科大学の佐々木洋先生が、白内障を予防の方法を解説。
白内障と言われると目薬を処方されることが多いようです。

 

 

 

初期のトゲトゲ型の白内障の方には、目薬は効果的なんですが
進行してしまうと、効かないようです。

 

 

 

色眼鏡型の白内障には、栄養バランスを考えた食事を心がけ
色々なビタミンを1日の必要量を摂取する事を心がけましょう。

他にもサプリメントを活用するのもありです。

 

 

 

他にも紫外線対策、帽子やサングラスのかぶり方にも紫外線カットの数値に変化が
浅くかぶると20%しかカットしないが、深くかぶると50%カットだそうです。
サングラスも目の周りを覆っているものを選びましょう。
50%から95%は紫外線カットしてくれます。
他には紫外線カット加工をしているものであれば
だてメガネ・コンタクトレンズも効果はあります。

 

 

 

点眼薬、ビタミン、紫外線対策でstop the 初期と軽度の白内障。
白内障の濁り方は人それぞれなので、おかしいと思ったら
すぐに病院へ。

 

 

 

最後に白内障の手術を受ける事で、睡眠が改善されるようです。
以上となります、読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー
.