ためしてガッテン

ガッテンかわら版

ガッテンと前番組のためしてガッテンの放送内容を記事にしています

管理人が見てちょびっと参考になったサイト

健康情報番組をまとめているサイト
何か参考になればと思い、貼り付けました。
健康備忘録

天気痛は耳がカギを握っている?ある部分が原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2015年放送のためしてガッテン、今回の特集は
雨の日や天候が悪い日に天気痛というやつ。
この天候で痛むのってあながちウソではないんです
写真を見てみると、こんなにもあるんですね。


 

スポンサードリンク

 

 

 

 

2015-07-15_190217
天気が悪いだけで、こんなにも痛い部分が出てくるんですって。
これが全部一人でというわけではないですがね。

 

 

 

欧米では天気痛予報なんていうのが

なんとドイツでは、天気痛予報なんていうのがあります。
各地域で天候の悪いところは色分けされていたりと。
日本ではありませんよね。

 

 

 

さて本題、この天気痛の原因はというと・・・・
なんと耳なんですね、どうして痛みを出すのか?

 

 

 

内耳は身体に搭載された気圧のセンサー

それは耳の奥にある、内耳という部分があります。
ここが反応するんですね。

 

 

 

例えば低気圧がきて天候が悪い状態になると
内耳の中にある気圧センサーなるものが反応して
内耳の中にあるリンパ液も反応します。

 

 

 

それで脳に指令がいきます。
ですが、目で見ている情報とリンパ液が伝える情報は
食い違っているので、脳が混乱します。
低気圧が来ていたとしても、天候は特別崩れているわけではない。
だけど、体内の気圧センサーは反応している状態。

 

 

 

脳はストレスを受けている状態になっているので
脳からつながっていて、全身に張り巡らされている神経
交感神経というんですが、これが興奮状態に。

 

 

 

この交感神経が、末梢の古傷などにある痛覚神経と
つながっているんですね、それで痛みを出すという事になるんです。

人体って不思議ですよね~

 

 

 

むくみが出るという人も中にはいます、この場合は
交感神経が血管を圧迫した状態になっています。
なので、血流が悪くなっているので、腫れたりむくんだり
ということになるんです。

 

 

 

気圧センサーって、みんな持っているようなんですが
中には、天気は悪いけど痛みなんて感じないっていう人もいますよね?
この場合って、敏感さの違いなんですね。

 

 

 

なるべくなら鈍感であってほしいです、気圧で痛みが出ると
気圧センサーは敏感なんだなというのがわかってしまいます。

 

 

 

この天気痛を治せる1粒の薬がある!?

天気痛の人って、気圧が変化する前にお薬を飲んでいるんだとか。
その前兆は飛行機に乗った時にぼーっとする感じに
似ているんだとか。
痛む前に予兆を感じている人が多いのも特徴。

 

 

 

そしたら、気圧計がついている時計をみると、気圧がさがっていたんですね。
凄いです、天気予報の人みたいです。

 

 

 

ではその薬は何かというと、ただの酔い止めの薬なんです!
乗り物酔いの薬が、なぜ効くのか?

 

 

 

酔い止め薬とはこういうお薬です。
内耳にある神経を鎮めて、リンパの流れを大人しくさせる効果があるんですって。

 

 

 

天気痛もメカニズムは近いようです。
酔い止めは車などに乗る30分前に飲むように、天気痛の人も
下のような状態になったら飲んでいるようです。

 

 

 

・こめかみがぎゅっと締め付けられるような痛み
・眠気
・めまい
・肩や首が重い
・耳が詰まる感じ
・頭がぼんやりする

 

 

 

ただ、予兆の種類も出る時間も人によって様々です。
そういう場合は、天気痛の日記をつけるのがベスト。
そうすることによって、痛みのタイミングとか
わかるようになります、そうしたらお薬を飲むタイミングが
わかってくるようになりますね。

 

 

 

ヨガの瞑想が天気痛の治療に関係?

次の天気痛治療法ですが、ヨガが関係しています。
瞑想をしているときは、痛みを感じなくて
瞑想を解いたら痛がっていました(笑)

 

 

 

なぜ瞑想をしているときは痛みがないのかというと
脳内麻薬が出ているようです。
だけど、それは一般の人は無理ですよね。
ヨガで鍛錬のしている人だからこそ、瞑想ができるわけであって。

 

 

 

だけどそれが一般の人でもできるという事が。
痛みの制御に関係していると言われる、側坐核(そくざかく)という部分。

 

 

 

痛みが走ると、神経を伝わり脳に指令が行く。
そこで側坐核が反応して、脳内麻薬が発生して
側坐核は痛みを抑える機能があるので、それが反応すると
いうことなんです。

 

 

 

その強さはなんと、使用するとほんとに麻薬効果を得られるモルヒネの
約6倍に相当する鎮痛効果なんですって!

 

 

 

最初にドイツに天気痛予報があるという話をしましたね?
これって実は、見ているだけで効果があるんです。
どういうことかというと、この天気痛も患っている人にすれば
慢性痛です、慢性痛はストレスによって悪化します。
ストレスがあると、側坐核の動きを悪くして、脳内麻薬の量を減らすと言われてます。

 

 

 

天気痛予報を見ることにより、ある程度の情報がわかるので
備えられるわけです、それだけでもストレスは軽減します。

 

 

 

日本には天気痛予報がないので、どうやって判断すればいいのか?
週間天気予報がヒントです、晴れのち雨という場合は
気圧の変化があるので要注意の日と判断。

 

 

 

それから雨になってきたりすると、天候は良くないので
酔い止め薬を飲んだりするということのようです。
人体ってすごいですね、こうやって特集されて初めて知ることもある。
人間はまだまだ不思議な機能が備わっているかも。

 

スポンサードリンク

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー
.