ためしてガッテン

ガッテンかわら版

ガッテンと前番組のためしてガッテンの放送内容を記事にしています

使えるスゴワザ6連発、なるほどそうだったのか!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2016年2月24日放送のためしてガッテン、今回は
使えるスゴ技6連発!という事で過去に放送した
スゴ技を6つ紹介というテーマ。


 

スポンサードリンク

 

 

 

超簡単!にんにくの臭い消しとは?

スペイン在住の女性が教えてくれます。
どういう方法かというと、水で手を流すだけです。
手を洗う時にごしごしと洗うのではなく
水にただ手を当てて流すだけでいいのです。

 

 

こすり洗いと水流しで実験をすると、やはり水流し
だけの方がにおいが薄いという結果に。
理由は、こすり洗いをすることで手のしわの間に
におい成分が残ってしまうためと考えられる。

 

 

レタスシャキシャキならぬ、白菜シャキシャキ!?

2008年にレタスをしゃきしゃきにする方法を紹介
していましたが、どうしたらしゃきしゃきになるのか
というと、50度のお湯に2分間レタスを漬けるだけ。

 

 

これだけでシャキシャキとなります、理由は
水の分子は高温であるほど激しく動く性質があります。

 

 

50度のお湯がレタスの中に入ったことで
レタスのシャキシャキ感がアップしたんです。
丸ごとでも切ったものでもOKです。
お湯に2分つけて新聞紙にくるめば、1週間は保存が
出来るとのこと。

 

 

そこでレタスの他にも白菜もしゃきしゃきに
出来るという女性が現れました。
一体どういう方法で白菜をしゃきしゃきにするのか?

 

 

やり方はレタスと同じ、50度のお湯で2分間漬ける
そしたら新たな変化も見つけたのです。

 

 

それはお湯に2分つけてから、あえて1日袋に入れて
冷蔵庫に入れず放置していたら、白菜が緑に
変化していたのです、要は色が濃くなったという事。
すると味は、少し苦みが増えましたが濃くなった。

 

 

白菜を緑菜にすることで3つのメリットがある

・シャッキリ感アップ
・ビタミンKアップ(カルシウムが骨に沈着するのを助ける)
・味が濃い

白菜はアブラナ科の野菜でチンゲン菜、野沢菜、キャベツ
等の仲間、明治時代に中国より伝来
品種改良により現在の形になったようです。

 

 

ハイヒールが無痛にする方法!?

ハイヒールを履くとどうしてもつま先になどに力が入り
指の辺りにコブを作り痛みを出す。
モートン病なるものが近年多くなっている。

 

 

この痛みを解消するのに必要なのが、耐震マット!
これをハイヒールの内側に貼り付けるだけ。
この青い部分に耐震マットを貼る。
dsc_1351
これでハイヒールがずれないで安定する。

 

 

納豆が美味しく食べられるスゴ技!

納豆にフルーツ酢を入れてかき混ぜるとふわふわに
なってきます、混ぜると白いのが出てくるあれが
より多くなるという事です。

 

 

どうしてそうなるのかというと
お酢に含まれる水分と酢酸、納豆のネバネバが
水を取り込み更に酢酸が膜を作り膨らむため。
お酢の酸味が納豆の臭みを少し消してくれるそうです。

 

 

室内でスロジョギ!

スロージョギングなんですが、スローペースで
走ることで乳酸も溜まりにくく
コレステロールや血糖値の改善、脂肪燃焼効果や
高血圧の予防などにもなるとのこと。

 

 

室内でどういうスロジョギをするのか?
それは踊るだけ、簡単な踊りです。
何だ走るんじゃないのか!?って思うでしょうが
走っているときと同じような効果がある
踊りをしていたのです。

 

 

それは何かというとつま先立ちで動いている事。
踊りもつま先を立てて踊っているし
スロージョギングもつま先を立てて走ります。
そうすることで、ひざへの衝撃を和らげてくれるため。
それと同時にふくらはぎのトレーニングにもなる。

 

 

ふくらはぎを鍛えると健康になるのは
ふくらはぎが第二の心臓とも呼ばれていて
血液のポンプ機能を備えているためです。

 

 

血液を心臓の方へ返す力も増していき、そして
血流が早くなることで一酸化窒素が出てきます。
これは血管を柔らかくしてくれる物質です
動脈硬化を防いでくれる。

 

 

茹でないパスタ!?

ガッテンでも以前放送されていた1分茹でパスタ
やり方は
・予めパスタの乾麺を水に2時間漬けておく
・1分茹でると出来上がり

 

 

だけど今回はゆでないんです!
どういう事でしょうか・・・

 

 

紹介してくれた女性は、焼きパスタと呼んでいます。
フライパン一つで出来るとのこと。

 

 

フライパンを熱して乾麺のままフライパンへ。
そしてオリーブオイルを入れて加熱。
それからコンソメと水を加える、量は少なめでした。

 

 

それから少量の水を加える事10数回。
スープが白っぽく、麺がねっとりしてきたら完成です。
そこへお好みで味を付けていきましょう。
水の総量は500mlです、これを少しずつ使いましょう。
だけど時間は17分かかります。
効率という面では・・・悪いですね。

 

 

しかしイタリアでは注目されています、この調理法を
パスタリゾッタータと言われています。
麺がクリーミーになり、味が絡みつきやすいという
良い面があります。

 

 

ガッテン流焼きパスタの作り方

1 熱したフライパンに乾麺を入れ1分ほど炒めたら
  オリーブオイルを入れる、大さじ1杯です。
2 焦げ目がついたら水を少量
  加えてコンソメを小さじ1.5入れる
3 500mlの水を10数回に分け、少しずつ加え出来上がり

 

 

しんなりしたら出来上がりで、味付けはお好みで!
以上となります。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー
.